「人生がわかるのは、逆境のときよ」

ココ・シャネル

Coco Chanel

(1883年8月19日生まれ)

従来の慣習にとらわれないデザインを
次々と世に送り出す

多くの女性の憧れのまなざしを受けるブランド「シャネル」の創設者であるココ・シャネル(本名カブリエル・ボヌール・シャネル)は1883年8月19日にフランス・オーベルニュ地方の行商人の家に生まれています。

12歳で母親を失った彼女は修道院に預けられますが、父親はその後、彼女を迎えに来ることはなく、シャネルは少女時代を悲しみの中ですごすことになります。

20歳になったシャネルは友達と下着衣料店に奉公に出て「お針子」として縫い仕事を覚え、夜はカフェ「ラ・トロンド」でシャンソンを歌う生活を始めます。
『コ・コ・リ・コ(コケコッコウ)』、『キ・カ・ヴィ・ココ(ココを見たのは誰)』という歌を歌っていた彼女は「ココ」という愛称で呼ばれていました。

ココ・シャネルには、少女時代から「ありきたりの服に少し手を入れるだけで、見違えるほどオシャレな服に替えてしまう」という才能がありました。
パリに出て、最初の転機が訪れたのは、最初の恋人であるエディエンヌ・バルサンの援助を受けて開店した帽子店でした。

従来のケバケバしい帽子とは違って、シャネルがデザインしたシンプルでオシャレな帽子はたちまち評判を呼びます。
時代は、第一次大戦へ向かう緊迫した中にありましたが、シャネルの帽子の人気は高まっていきます。
その成功をベースに彼女は本格的に高級注文服のデザインに傾斜していき、ブティックをオープンします。この支えとなったのは、二人目の恋人、ボイ・カペルでした。

ノルマンディーでの休暇中にポロを観戦しているとき、あまりの寒さから騎手のセーターを借り、その暖かい素材からスーツを作るヒントを得た彼女は、当時は男性用下着の素材でしかなかったジャージーや、さまざまな色の糸を織り込んだ柔らかな薄地のツィードを使ってカーディガン・スーツをデザインします。
これが多くの女性の圧倒的な支持を受ける「シャネル・スーツ」誕生のキッカケとなったのです。

15年間の沈黙の後に復活
「同じ世紀に、二度もファッション界を制す」

「男に支配される女を徹底的に排除し、女のからだと心を解放しよう」という彼女の想いがデザインに投影されていました。

コルセットで締め付ける服を嫌い、女性が身体を自由に動かすことのできる、機能性をもった婦人服をつくったのはシャネルでした。

それまで、喪服でしか用いなかった「黒」をファッションに取り入れ、「本当の大地の色」としてベージュを使った多くのデザインを発表するなど、シャネルはファッションを通して自らの主張を貫き通します。
それだけに、彼女に対して「自己顕示欲が強い」「傲慢」といった批判も一方では起こします。

mom_chanel01

ディナーに友人を招待するのが好きだったココ・シャネル。
友人にはジャン・コクトー、ピカソ、ダリ、ストラヴィンスキー、グレタ・ガルボ、マレーネ・ディートリッヒといった有名人が名を連ねていました。

「20歳の顔は生まれつきのもの、30歳の顔は生活を物語り、50歳の顔はあなたの功績」と言うシャネルは、56歳のときに、ファンション界の一線から突然引退します。

この理由としては、
自分の店のお針子たちが、店の前でストライキを行い、これを見た彼女が「ひとつの時代が終わったから・・・」と思った、という説がありますが、なぜ15年もの長き間、沈黙してしまったのか、謎を含んでいます。

15年間の沈黙のあと、ココ・シャネルは71歳でファッション界の第一線に再び登場します。「シャネルが復活する」という噂が、ファッション界を駆け巡りますが、カムバックのためのパリコレクションの初日、マスコミはこぞってシャネルを無視し、反発の姿勢を示します。

しかし、このバッシングはシャネルの反骨心をさらに掻き立てる結果となります。

「人生がわかるのは、逆境のときよ」

やがて、アメリカのマスコミがシャネルを熱狂的に歓迎して、彼女はふたたび女王の座に返り咲いたのです。
「シャネルは同じ世紀に、二度もファッション界を制した」と言われ、イングリッド・バーグマン、ジャンヌ・モロー、ロミー・シュナイダー、ブリジッド・バルドーなど多くの女優たちがシャネルを愛用したのです。

ココ・シャネルは1971年1月、87歳のときに、パリのヴァンドーム広場にある最高級ホテル「ホテルリッツ」の一室で息を引き取ります。
「私は日曜日は嫌いよ。だって誰も働かないんだから」と、ふだんから語っていたココ・シャネルは、日曜日に、一人で旅立っていったのでした。

ココ・シャネルの死後、シャネル・ブランドは停滞期を迎えますが、その後、83年にドイツ人デザイナー、カール・ラガーフェルドをチーフデザイナーに迎え、再び人気を盛り返します。

「時代が私を待っていたの。私はこの世に生まれさえすればよかった」
ココ・シャネルはこう語っています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone