展示イベントのベストは『エルメス レザー・フォーエバー』でした!  デザインの美しさ、革工芸の技術の粋が存分に感じられました。

「ケリー」「バーキン」へ受け継がれる伝統ある「鞍」づくりの息づかい

2014年にも数々の展示会やイベントが開催されましたが、今年ナンバーワンとも言える「センス」を感じさせたのは『エルメス・レザー・フォーエバー』でした。

1-HERMES

ケリーバッグの形に収められたエルメスを代表する製品群

 

12月(122日―23日)に東京国立博物館・表慶館で行われたこのイベントは、洗練された展示、至るところに工夫されたハイセンスなデザイン、独特の色合いを持つ展示物の質の高さなど、「さすがエルメス!」と言うにふさわしいイベントでした。

しかも、入場無料の太っ腹! というわけで、期間中二度も見に行ってしまいました。

規模的には、それほど大きなものではありませんでしたが、これまで、ロンドン、上海、ローマ、マドリード、香港などで開催され、大好評を博してきたイベントに、今回はジャパン的な味付けも加わって一層魅力をましたのでしょう。

展示イベントの写真を中心にその一端を紹介しておきます。(フラッシュをたかなければ、撮影OKでした)

2-HERMES

Exif_JPEG_PICTURE

エルメス独特の微妙な色合いが美しい原皮。 直接、手で触れて感触を確かめることができました。

 

 Exif_JPEG_PICTURE 

手縫いに使用される「ワックスリネンの糸」もカラフルそのもの。

Exif_JPEG_PICTURE

製品に押される「刻印」のいろいろ。 

 

6-HERMES

パリのアトリエの職人によるバッグ製作のデモンストレーション。プロフェッショナルな革工芸職人が手づくりの丁寧さを伝えています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

エルメスの「オレンジボックス」が山のように・・・。 

Exif_JPEG_PICTURE

エルメス製のオーストリッチを全身に身にまとった白サイの「ズーズー」。フォーブル・サントノーレのブティックのウィンドウのために作られたそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

小物製品にもそれぞれエルメスの技術が詰まっています。

Exif_JPEG_PICTURE

ただただホワイトのバッグですが、デザインの良さが光り、色合いにも独特のテイストを感じさせてくれます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

バッグのデザインを見ていくだけで、エルメスの歴史をたどることができます。

Exif_JPEG_PICTURE

一風変わったフォルムの美しさ。こんなバッグを持って歩いていたら、注目度抜群になります。

 

 14-HERMES

エルメス製の「野球グローブ」。キャッチボールするには勇気がいりますが・・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

「サドル・ステッチ」の技術を存分にいかした「羽根つきサドル」。

 

  Exif_JPEG_PICTURE

「ロッキング・ケリー・ホース」は2000年春のウィンドウ・ディスプレイのためにデザインされたもの。子どもへのプレゼントにはちょっと豪華すぎる?

  

Exif_JPEG_PICTURE

旅行用のトランク、スーツケース。

Exif_JPEG_PICTURE

お金持ちはこんなケースに靴をいれて、旅に向かうのでしょうか?

 

Exif_JPEG_PICTURE

「遊び心」もいたるところに。エルメスのレザーが体になったトカゲ。

Exif_JPEG_PICTURE

仔馬のオブジェもとても手が込んでいます。

 

20-HERMES

色合いとカーブが美しい「青りんご」のバッグ。

Exif_JPEG_PICTURE 

こんなドラム型の赤いバッグが日常使いできたら・・・。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 バッグの中に並べられているのは、ミニュチュア・シューズの数々。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

「盆栽」を生かした部屋。周囲の映像の変化が不思議な空間を創り出します。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

白の「ケリーバッグ」を手にした女神像。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Processed with VSCOcam with c1 preset

今回の特別イベントを演出、構成した方々。案内板にも小粋なエルメス・センスが感じられます。

 

こんなハイセンスな展示イベントがあれば、ぜひともまた出かけていきたいと思わせる特別エキジビジョンでした。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone