ニューヨーク・タイムズ誌が選んだ「2015年 世界で訪れるべき52カ所」に選ばれた国や街はどこ?

日本からはお遍路さんの「四国」がランクイン。知らない場所、新たな発見、今年注目のあの街は・・・

ny-1

(イタリア  ミラノ大聖堂) 

毎年、年のはじめに、アメリカの雑誌「ニューヨーク・タイムズ」では、「今年、世界で訪れるべき場所」の特集を組んでいます。

 

一般的な旅行ガイドと一味もふた味も違っているのは、世界各地に散らばっている同誌のライターが、単なる観光地ではなく、今年(2015年)に大きなイベントが行われる街や都市、今年は新たな魅力を発見できる場所、を挙げている点です。

いわば、「2015年こそ特別な輝きを放つ街・都市・国」、と言っていいでしょう。

 

日本からは、今年は1カ所、「四国」が35位に選ばれています(昨2014年は、18位・石垣島、41位・野沢温泉でした)。88カ所札所めぐりの750マイルの「お遍路さん」の旅、道後温泉、JRの新たな「レールパス」が紹介されています。

 

では、52カ所の順位を見てみましょう。 

 

1 ミラノ(イタリア )

2015年には「EXPO国際博覧会(5?10月)」が開催される。「地球に食料を、生命にエネルギーを」というテーマのもと盛大な食の祭典となる。豪華華麗な「ミラノ大聖堂」だけでなく、都市再生プロジェクトにより復元された運河、並木の遊歩道、新オープンのマンダリンホテル」など新たな魅力がファッションの街に加わる。

 

2 キューバ

ゆっくりと変わりつつある国は、「カリブ海の手の届く暖かさ」に満ちている。ハバナの古い街並み、新たな音楽シーンを提供する「Fábrica de Arte Cubano」、カルチャーを楽しむ「第12回ハバナビエンナーレ」も開催される。

 

3 フィラデルフィア(アメリカ)

「屋外のオアシス」。パブリックアート・インスタレーション、オープンエアのビアガーデン、デラウエア川のウォーターフロントなど見どころ満載。

 

4 イエローストーン国立公園 (アメリカ)

「新たな宿泊施設が完成」。7000万ドルを掛けて再設計された宿泊複合体「キャニオンロッジアンドキャビンズ」など宿泊施設のアップグレードが魅力。クロスカントリースキー、野生動物ウォッチングが楽しめる。

 

5 エルキ·ヴァレー(チリ)

天文学者への道。乾いた空気、澄んだ空が創り出す「天体観測もためのチリ北部」。世界最大の望遠鏡を備えた観測所だけでなく、家族経営の小さなホテルでも、室内から空を見上げることができる。

 ny-2

(チリ  エルキ・ヴァレー)

 

6 シンガポール

2015年に「建国50周年」を迎えるシンガポールでは、各地で記念イベントが開催される。秋には5マイルの歴史的なパブリック・アート・トレイル、ナショナルデーのパレードも見もの。

 

7 ダーバン(南アフリカ)

 魅惑的な都市散歩が楽しめる。ビーチフロント、人気のあるマーケット、リバータウン、サーフライダー・カフェなどのダイニングスポット。探索するだけで楽しくなる。

 

 

8 ボリビア

交通ストやバリケードは過去のもの。ボリビアはいま、新たな観光インフラが次々と登場している。オープン2年目に入った高級レストラン「GUSTU」、ラパスの公式屋台の食べ歩きツアー、ワインルート、アドベンチャー・ツアー、コーヒー農園コミュニティなど魅力がいっぱい。

 

 

9 フェロー諸島 (デンマーク)

北大西洋上、スコットランドとアイスランドの中間に位置するフェロー諸島では、魚グルメ、創作寿司、発酵させた羊肉料理など絶品の「新たな北欧料理」が楽しめる。

 

10 マケドニア

バルカン半島の次なる魅力。ワイン、伝統的な肉料理を楽しめる小さなホテル。マクドナルドのない国。

 ny-3

(マケドニア)

 

 

<11位以下は下記のとおりです> 

 

11 メデリン(コロンビア )

12 セントビンセントおよびグレナディン諸島

13 フロリダ州オーランド(アメリカ)

14 ジンバブエ

15 ブルゴーニュ(フランス)

16 マンハッタン(アメリカ)

17 タンザニア

18 ペルーの北海岸

19 コロラド州スティームボートスプリングス(アメリカ)

20 オマーン

 

 

 ny-5

(コロンビア・メデリンの空中ゴンドラ)

 

21 オハイオ州クリーブランド(アメリカ)

22 スリランカ

23 ルイジアナ州ニューオーリンズ(アメリカ)

24 アデレード(オーストラリア)

25 グルジア

26 マンチェスター(イギリス)

27 カンペチェ(メキシコ)

28 グリーンランド

29 パプアニューギニア

30 オレゴン州ベンド(アメリカ)

 

 

 ny-6

(モロッコ・ラバト)

 

31 ラバト(モロッコ)

32 スカーミッシュ(カナダ)

33 ソウル(韓国)

34 セントキッツ(セントクリストファー・ネイビス)

35 四国(日本)

36 テキサス州サンアントニオ(アメリカ)

37 サン·ホセ·デル·カボ(メキシコ)

38 アレンテージョ(ポルトガル)

39 キャッツキル ニューヨーク(アメリカ)

40 ケベック(カナダ)

 

 

 ny-4

(日本・四国の「歩きお遍路さん」)

 

 

41 カントンヴァレー(スイス)

42 イル・ド・フランス

43 ダナン(ベトナム)

44 成都(中国)

45 マイアミビーチ(アメリカ)

46 上海(中国)

47 オクラホマ州タルサ(アメリカ)

48 ローマ(イタリア)

49 カセレス(スペイン)

50 ニューメキシコ州タオススキーバレー((アメリカ)

 

 

51 バクー(アゼルバイジャン)

52 カス(トルコ)

 

ny-8

(アゼルバイジャン・バクー)

 

これらの場所が、それぞれどんな魅力を持っているのか、2015年にはどんな楽しみが待っているのか、もし興味が湧いたら、『ニューヨーク・タイムズ』誌のサイトをご覧ください。

 

ニューヨーク・タイムズ「2015年 世界で訪れるべき52カ所」:

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone