映画:ショーシャンクの空に

1994年 アメリカ

脚本・監督:フランク・ダラボン
出演:ティム・ロビンス
   モーガン・フリーマン

ショーシャンクの空に

銀行の若き副頭取、アンディは、
妻とその浮気相手を殺した無実の罪で

ショーシャンク刑務所に投獄されるが、
30年余の刑務所生活を
希望を捨てずに送る。

どんなに暗い夜も必ず朝が来るし、
寒い冬もやがて春が訪れる。

どんなに辛い環境に居ても、

未来への希望が少しでもあれば、
人は生きる意欲を失わない。

アンディのセリフは
私たちの心にも強く訴えかける。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone